格安のピーチ航空を国内線で利用した経験

大手は先に荷物代を払わせられている

ピーチ航空 / トリップアドバイザー

分かりやすい事例の一つが空港のチェックインカウンターで預けるスーツケースなど大型の手荷物についてです。
フルサービスキャリアの場合は、このような大型の手荷物を預け入れるために追加の料金はかかりません。
ですが、これを無料で預かってくれていると考えるのはあまりに幼稚です。
本当の意味で無料で預かってくれているはずはありません。
それは既にチケット代に含まれているだけのことでしょう。
となるとここで突っ込みが生じます。
つまり、結果的にスーツケースを預け入れなかった人については、チケット代に含まれているその分の代金は払い損なのかという疑問です。

これはいろいろな説明は可能なのでしょうが、率直に言えばそのとおりでしょう。
実際には、航空会社は搭乗する全員がスーツケースを預け入れることを想定しているわけではなく、それまでの経験からある程度の割合の人だけが預け入れるものと想定し、その分にかかるコストを搭乗者全員で負担していると考えることもできます。
話を分かりやすくするために一例を挙げると、ある飛行機に合計100人が搭乗するとして、そのうちの半分にあたる50人がスーツケースを預け入れるとします。
そして、50個のスーツケースを運び、機内に搬入し、到着空港でまた取り出すのにかかるコストの総合計が例えば100万円だとしますと、搭乗する100人全員がこれを均等に負担して一人当たり1000円がチケット代に上乗せされて販売されているという構図です。

我慢か、ムダがないか / 大手は先に荷物代を払わせられている / 考え方で最高の旅行になる